-

自己破産申請までは訴訟という類の法的な行為は許されます。とりわけ自己破産の事務手続きに進んで以降、申し立てまでに手数がかかってしまったケースでは債権人によって提訴される危険がアップします。債権者側にとっては返済もしないままかつ破産のような法的な対処もなされないといった状態だと組織内部での完了処理をすることが不可能になるからです。結局、裁判によりどういうふうな裁決が与えられようと当人にお金を返金する器量はないといえます。取り立て会社もそのことは納得の上訴訟提起という強行なやり方でうまく和解に進めて負債者の親類に返済させるということを期待している場面もあったりします。(補)2005年の1月1日に改正の新しい破産法では破産の申し立ての後は差し押さえというような法的な手続きは効果をなくすこととなりました。ですから、従前の破産法とは違い裁判などといったことをやっても無意味になると思われるということになって、訴えをしてくる取り立て会社はほぼ全部消えると考えます。そのような側面でも平成17年からに改正され破産申請は従前より申し込みやすくなったと考えます。督促の際において、支払督促というのは法が負債人に向かって残額の支払いをするようにという要請です。普通の提訴をするときと異なり、取り立て屋の一方通行な発言だけを聞きながら進められるため通常の裁判のように時間と費用が高くならないので、取立人がよく使う法的な手法です。支払いの督促の手続きがあった場合、裁判所からの通知が送られてくる手順になって、その書類が配達されてから14日が経ったとき、取り立て屋は債務者の資金(給与債権なども入れて)に関して差押え処理が可能になります。支払督促に対抗して異議を作ることができればオーソドックスな裁判に様変わりすることになります。(補)普通な争いは長引きますので免責判定までには裁定がくだらない予測が濃厚になることに注意しましょう。

Category

リンク