-

月刊誌の広告、ゴシップ紙、電柱にある宣伝や郵便広告で「多重債務の効率化任せなさい」「多重債務を一本化したくないですか」などの惹句を見ることが多いです。ライザップ 千葉

こういうのは、「整頓人」「買取業」「紹介人」という俗称の会社のだまし広告の場合もあります。ライザップ 池袋

そのようなものを依頼した際には自己破産申請手続きの中で最も重要な免責許可を手に入れられなくなる可能性もあります。

「整頓人」というのは、チラシなどで多重債務者を集め、手数料をもらって負債整理をやりますが、結局は整頓は行われないで、債務人はもっと負債地獄に陥るときが大方と思われます。

「買取業」の場合は負債者のローンで、デジタル用品、電車の利用チケットをいっぱい仕入れさせ借金者からこれらの品物を買った値段の10%あるいは半分で買取るという方法のようです。

債務者は一時はお金が手に入れられますが少しすればカード会社による品物の返済請求がきて、実際は借金を上乗せする結果となります。

このケースではクレジットカード企業へ詐欺とされてしまい免責許可をもらえなくなります。

「紹介屋」の場合は、大手金融業者から断られる債務人に対して自分では貸出はしないでおいて、融資をしてもらえる別な企業を知らせ、すさまじい紹介料を受け取る業種です。

紹介者は自らの努力で融通が受けられたという口調でしゃべりますが本当は何もしていなくて、種は簡単で規程の通りやすいルートを説明しているというだけなのです。

このケースだと現実には負債額を重ねるだけです。

Category

リンク