-

車の事故は自分だけの自損事故と他の人を巻き込む自動車の事故が存在します。

自分だけで起こした事故の時には自分で対応をしてしまえば完了となりますが自分以外を含めた交通事故はそれぞれにどのような誤りがあるのかを確かめて、この状況によって自動車の修理の費用や和解金がいくらになるのかなどが決定しますので自動車の保険会社の有識者を交えながらの交渉が欠かせません。

大多数の自動車の事故の場合お互いにちょっとは間違いがある場合が大部分で片方の責任を言及するケースは少ないです。

当然信号が赤でも進んでしまったり一時停止無視等はとても大きな間違いになりますが被害を受けた人にも不注意があると言われます。

事故の場面ではどの人の手落ちが原因かというのがかなり重要なポイントになるのでその判断を誰にも分かりやすく表した材料が「過失割合」(過失割合)になります。

先ほど述べた赤信号で止まらなかったり、一時停止しなかったケースなら法の規則上相手の人が完全な間違いがあるように考えがちですがこの状況でその車が対面からこちらに向かってきていて正面を見て確認できる場合だとすれば被害者だったとしても注意不足であったとして10%ぐらいのミスがあると言われる状況もあります。

言うならばこの状況では事故を起こした人が9割事故に巻き込まれた人が1割過失の割合と言われ間違いが大きいとそれだけの過失が問われる事になるのです。

もっといえば事故の割合前の車の事故の判例を参考にして決定する場合が大部分で、日弁連交通事故相談センターから明示されている基準となる表等がベースとして使われます。

この過失の数値が高ければ間違い結論として損害賠償額も大きくなると判断されるので交渉は本人達だけでなく自動車の保険屋さんの係りの方を交えちゃんと協議することが大事です。

Category

リンク