-

FX投資の経験の浅い方が為替の勘所を探し出すためには、注文を積み上げていく事が大切です。ロスミンローヤル 評判

直前に危険性を察知できるようにするためには、負けを積み重ねることも経験のひとつです。過払金を計算してみよう

マイナスになるといっても、命取りとなるほど致命的な負けをする事は許されません。

取り戻せるぐらいの過ちを何度か重ねる事が、最後に自らの経験値を高めてくれるはずだ。

こう考えるとまず初めは小さな額で取引を行いそこでいくつか小さなマイナスを経験することを推奨します。

例として、100万円だけしか投資に回すお金のない状況で、はじめに全部つぎ込んで売り買いすると失敗した時、取り返せない恐れがあります。

それより、たとえば1割ずつトレードを行ない、これによってエントリーを積んだ方が、着実にマイナスを回避する技術なども覚えるはずです。

まずはじめにわずかな額で投資することの利点は、先に言及したように、自身の取引経験を増やし間違いを避ける方策を学んでいく事にありますが、一緒に、売り買いの回数を積み重ねて、リスクを減らす事ができるというメリットもある。

想定として、1回の売り買いで利益を上げられる確率が二分の一だとします。

この場合、同じ確率で負ける危険性もあるということになります。

勝率5割ということは。

二分の一の確率でプラスになる事を意味している。

しかし、全ての資金をつぎ込んで1度だけの仕掛けをするということは、はっきりとした勝ちか、負けのどちらかだけになってしまいます。

これはギャンブルと同じです。

すなわち、全財産を賭けて1回だけしか取引をしないと、これでは損する割合が高まります。

これを回避するために、お金を1度に全部つぎ込むのではなく何回もに分けて投資回数を積み重ねる事がリスクコントロールとなります。

ただ少しずつに分割しても、全ての注文で稼ぐ事は必須ではありません。

正しく言うと、全て勝つことは出来ないのが現実です。

売り買いで大切なのは勝つ確率ではなく、いくら稼ぐかです。

勝率が50%でも、例えば勝率が低くても稼ぐ事は出来ます。

5割以上負けても損が少なければ、少ない勝ちのプラスの大きさで相当利益を上げられます。

そのためには、損を少なく、利益を大きくを肝に銘じる事です。

損失が生じたら直ちに損失を確定してそれとは反対に儲けられる場面ではなるべく大きく稼ぐ事が、FX取引ビギナーがFX取引で儲ける手段です。

Category

リンク